about

シンガポール出身のジャニス・ウォン氏は2007年、24歳の若さで自身の店『2am』をオープン。2011年に「ワールド・グルメサミット」で『シェフ・オブ・ザ・イヤー』を獲得。2013、14年には英国のレストラン誌が発表する『アジア・ベストレストラン50』で『アジア最優秀パティシエ』に輝きました。
Edible Art (食べられるアート)をひとつのテーマに活躍する彼女の、華やかで斬新なアシェットデッセール(皿盛りのデザート)は各国の注目を集めています。